« 2007年5月 | トップページ | 2008年10月 »

2007年6月25日 (月)

英語の上達(日常編)

英語の上達(研究編)で書いたように、研究に関する英語の技術は、数ヶ月単位でみるみる上達した。それでは、日常の英語のレベルは、留学後、どのくらいの期間で上達するものなのだろうか?

留学する以前は、「1年もアメリカに住んでいれば、日常生活の英語など、自然にぺらぺらになるだろう」というぐらいに考えていたが、全く甘かった。

日常会話やテレビや映画のリスニングは、予想以上に上達が遅かった。ランチタイムやパーティーで、会話を盛り上げることや、電話での受け答えなどは、留学2年目ぐらいまで、全く苦手で、留学前とそう変わらないのではないかと思うほどだった。テレビや映画のヒアリングも、意外に上達しない。2年目までは、ほとんど上達が実感できなかった。

私の場合、これらについて上達が実感できたのは、3年目に入ってからである。

こういった、一般の日常の会話などは、30歳を超えて留学しても、そうそう簡単には上達しないようだ。

1)パーティーなどでの日常の会話に関して

研究の英語と言うのは、使う単語や表現のパターンのバリエーションがそれほど多くないので上達が早い。それに比べて、一般会話というのは、単語のバリエーションが多い上に、外国人相手でなく、ネイティブ同士のコミニュケーションに割って入らなければならないようなことが多く、そう簡単にはいかないのだろう。これも、上達させるためには、場数で勝負していくしかない。

1年、2年目では、英語でのパーティーや食事での会話は、相当なストレスだったが、3年を過ぎる頃には、なんとか、会話をもたせることがきるようになってきた。ストレスを感じても、食事などの機会があれば、参加することを避けないように努力してきた成果だと思う。

もし、外国人とのパーティーを避ける生活を続けてきたとしたら、たとえ、5年間アメリカで仕事をしていても、パーティーなどでの日常会話は全く上達しなかったのではないかと感じる。

いずれにしても、研究の英語と違って、日常の英会話というのは、半年や1年でそうそう上達するという類のものではないようだ。

パーディーなどで場を盛り上げるコツとして、だんだんわかってきたことは、聞き役に回るよりも、話し役に回ったほうが会話に参加しやすいということだ。

聞き役に回った場合、自分のあまり得意でないジャンルの話題をされると、その会話についていくのは非常に難しいが、自分が話し役として積極的に話してゆけば、自分の得意な話題で会話を進めることができ、英語力がそれほど高くなくても、その場を盛り上げることができる。

2)テレビや映画のヒアリングについて

テレビや映画のヒアリングも、上達は遅く、3年半たった今でも、すらすらわかるというレベルではない。ありがたいことに、アメリカのテレビでは、聴力障害者のために、ほとんどすべての番組で英語字幕が出る。3年半たった今でも、この字幕を見ながら一生懸命聞いて、やっとなんとか意味が理解できる程度である。

日本語であれば、他のことをしながらテレビを聞き流していても、内容を理解できるものだが、英語の番組となると、一生懸命、集中して聴いてやっと7割ぐらい理解できるレベルである。

よく、映画の字幕なしで、内容が理解できるかどうかが、英語の上達の指標にあげられるが、本当にそれができる人は、相当なレベルに達した人たちなのだと思う。

30歳を超えて、3,4年留学したぐらいでは、そのレベルには、なかなか達するものではないらしい。

もちろん、これも映画の内容によるのだが、アクション映画や漫画であれば、初めの3ヶ月ぐらいで結構、わかるようになるし、裁判系の映画などは、未だにほとんどわからない。

逆に、バイオ系や医療系の自分の仕事に比較的近い内容の映画であれば、かなり理解できるので、これも、映画のジャンルにごとに特別なトレーニングをすれば、上達していくのかもしれない。

勉強法としては、テレビで流れる英語字幕を活用することがお勧めである。耳では全く聞き取れなかったフレーズも、視覚的に見れば、知っているフレーズであることも多い。英語字幕と発音を一致させながらヒアリングを続けることで、英語の耳を上達させるよいトレーニングになる。

映画やテレビが難しいのに対して、ラジオの英語は、聞き取りやすい。やはり、音声でしか情報が伝わらないので、放送するアナウンサーも、テレビのニュースなどとは違って、はっきりした発音をしているからなのだろう。

リスニングの自信をつけるためにも、FMなどを聞くことはお勧めである。

ボストンではFM106.7というラジオ局が若い人に人気があり、研究室でもよく流れている。時折流れる、ヘッドラインニュースをはじめ、渋滞情報、天気予報、CMさえも、耳を英語に慣らすトレーニングになる。

3)英字新聞について

アメリカの主要都市、ボストンをはじめ、NY、サンフランシスコなどでは、メトロ社の発行する無料の新聞「Metro」が毎朝、地下鉄の駅などで配られる。

これを、毎日、ランチの時間に読み始めたのだが、初めの頃は、驚くほど、読めなかった。

研究者は学生の頃から、かなりの量の英語論文を読む必要があり、私も十数年間、毎日、何時間も英語論文を読んできたので、英語の論文を読むことに関しては自信があった。しかし、新聞となると全く勝手が違うことに初めて気づいた。

科学論文と新聞などの一般英語では使われる単語セットが、かなり違う。

例えば、新聞で毎日のように出てくる事件の「容疑者」という意味の”suspect”という単語を私は知らなかった。新聞では頻出の単語だが、科学論文では十数年間の研究生活のなかで見たことがない単語だった。

勉強法としては、新聞を見ながら電子辞書でわからない単語を、いちいち調べていくという、まめな作業を続けていくのが良かったのだと思う。頻出の単語から順に、自然に覚えていくことができる。そうしているうちに、3ヶ月ほどで、だいたい、わかるようになってきた。

効果があったと思う方法としては、まず、インターネットでヤフーなどの日本語のニュースを読んで、その日の大体の記事の内容を掴んでおき、それを知ってから、英語新聞を読むという方法だ。

そうすることで、知らない単語でも、これは多分こういう意味なのだろうと、類推することができ、辞書を引く回数をかなり減らすことができた。こうすることで、読むときのストレスがかなり軽減された。英語の練習というのは、ピアノやギターなどの楽器練習と同じで、毎日、少しづつでも続けることが大事なのだと思う。そういう点で、毎日発行される無料新聞をなるべくストレスが少ない方法で読み続けるということがよいのではないかと思う。

その他の英語のリーディング勉強法としては、「英語の雑誌を読むこと」である。アメリカの本屋に行くと雑誌のコーナーには、日本の2倍ほどはあろうかという数の雑誌がある。日本よりも趣味が多様だし、英語圏の人口は日本人の数倍はいるので、購買者の絶対数も格段に多く、多種類の雑誌が発行されているのだろう。これらの中から、自分の趣味に近いものを定期的に買って読むのも、ひとつの勉強法である。

自分の興味のあることであれば、英語の上達も早いし、そもそも、内容もよく知っているので、理解が早く、「英語を読める」という自信がつく。

例えば、私の場合、コンピュータ関係の本であれば、日本の雑誌との共通の話題も多く、新製品の話題や、マシンのスペックなどは、ほとんど、日本の雑誌と同じなので、読むことにストレスを感じなかった。こうやって自分の趣味のジャンルから、英語を広げていくというのも一つの勉強法だろう。

今思えば、テレビのヒアリングや、英字新聞のリーディングの練習などは、日本にいるときにでも十分に練習できたことではないかと思う。アメリカに来ると、いやおうなしに、勉強せざるをえない状況になるので、モチベーションも上がるが、日本に住んでいてもモチベーションが高いひとには、リーディングとヒアリングの勉強に時間を割くことをお勧めする。

« 2007年5月 | トップページ | 2008年10月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オンライン状態

無料ブログはココログ