« アメリカでは、研究は女性の仕事? | トップページ | 英語の上達(研究編) »

2007年4月 1日 (日)

研究者として留学するには

理系研究者でない文系のビジネスマンや、これから理系研究者を志そうとしている学生の方などのために、理系の研究留学について説明したい。

理系研究者として日本人からアメリカに留学するには、2つの身分がある。

1)アメリカの大学の博士課程に入学する

2)アメリカの大学で博士後研究員(ポスドク)として働く

まず、1)は、日本の理系大学の修士や博士課程同様、4年制の大学または、獣医、医学部などの6年制の大学を卒業した後に、試験(専門学力と英語)と面接を受け、入学する。留学期間としては、5,6年といったところである。

収入としては、年200万円ぐらいの奨学金を取る人が多い。奨学金といっても、日本の育英会のように返還義務があるものは少なく、実質上、給料のようなもので返す必要がないものが多い。その点でも、日本の多くの大学よりも待遇がよい。

しかし、有名大学の博士課程は難関で、ハーバードやMIT、カルフォルニア大学などの有名校になると、50倍から100倍と相当な難関である。

話がそれるが、日本の大学では、東大などの有名大学でさえ博士課程の定員が桁違い多く、難しくても数倍程度の倍率でしかないこととは対照的である。一般にアメリカの大学では、少数精鋭で博士を育てることで、博士の質を保っているように思われる。日本では、博士課程を出たはいいが、就職に困ることが多々ある。悪く言えば、学生の方は、「就職がないから博士でも行くか」と安易に進学を決め、教授の方は、博士課程の学生は、「ただ働きする労働力」程度に考えて、指導の余力もないのに多くの博士学生を抱えるという構図である。そういう意味もあるのか、日本の博士課程の枠は、近年、拡大され続けてきた。私は、日本でも、この少数精鋭の博士課程を目指すべきではないかと思う。

このように、アメリカの有名大学の博士課程は英語の堪能なアメリカ人にとっても、それほどの難関であるのに、日本から受験するとなると、更にハードルは高くなる。

実際、こちらで出会った日本人のハーバードやMITの博士課程の学生は、かなりの割合が帰国子女で、少なくとも英語に問題はないような人たちが多いように感じる。

中堅の地方大学になると、そこそこ入りやすいようであるが、研究レベルの高くない大学だと、博士は取ったものの、就職先がないということはよくある話である。

そういう意味でも、1)のコースは、なかなか難関である。

2)のコースは、1)のコースとは対照的に門戸が広い。私もこの身分である。

必須条件としては、日本で博士課程を出るなどして、博士の資格を取っていることだけで、あとは、受け入れ先の教授が、OKと言えば、それだけで留学可能である。学力試験などは、特に必要ない。

留学期間としては、普通2年から5年程度。場合によっては、共同研究で半年だけとか、逆に10年くらい居座るひともいる。

収入は、交渉によるのだが、350万円から500万円ぐらいで、家族がいると贅沢はできないが、独身なら問題ない額である。

日本の博士課程を卒業して就職先としてポスドクを選ぶ人の他、企業からポスドクからアメリカの大学に派遣されるというコースもある。医師や獣医は、博士(PhD)の資格を持っていなくても、博士レベルの学位とみなされ、ポスドクとして勤めることができるので、日本で臨床医をやっていた方が、経験のため、臨床を放れて留学している人も多い。実際、ボストンでは、ハーバード大学、タフツ大学、MIT、ボストン大学など、医学系の有名な大学が多いので、日本ではお医者さんをやっていたというポスドクの方が、かなりの割合を占めている。

どういう人材なら教授のOKが出るかというと、やはり、これまでに書いた論文が評価の大きな割合を占める。

日本で行った研究が、一流の雑誌、すなわち、インパクトファクターの高い雑誌に論文として掲載されていれば、評価が高い。例えば、日本の博士課程で行った研究が、ネイチャーに掲載されていれば、多くのラボで受け入れOKの返事が貰えるだろう。

その理由としては、もちろん、そういった一流の論文を書いた経験がある研究者は、新しいラボでも、一流の研究を達成できる可能性が高いと思われるからである。また、一流の論文を書いた研究者であれば、研究費や奨学金を獲得しやすいので、経済的な面でもラボの戦力となることが期待される。

その他の、判断基準としては、日本の教授からの推薦書と、英語での面接、パワーポイントでの研究の発表である。研究発表では、英語のうまい下手よりも、研究の内容のほうが重要視されることが多いので、過去に、良い研究を行っていれば、自然と良い発表が可能になる。

意外に重要なのは、教授や他のラボのメンバーとの面接で、食事やお茶をしながら、生活について雑談したりするのだが、ここでは人柄が非常に重要なポイントとなる。

高慢な人や、あまりに悲観的な人、自己主張の激しすぎるひとなど、「この人とは、あまり一緒に仕事をしたくないな」と思われると、いくら高い業績をもっていても、ラボの雰囲気を乱すことが予想され、敬遠されることも多い。そういった、ヒューマンインターフェースの重要性は、この業界でも同じである。

研究者として、ネイチャークラスの論文を書くためには、まず、過去にネイチャークラスの論文をたくさん輩出しているラボに入れてもらうのが一番の近道である。そういったラボには、優秀な教授、ハイレベルな同僚、洗練された研究のノウハウ、新しい研究のネタ、そして潤沢な研究費、など、一流の研究に必要なものの多くが揃っている。

それゆえに、レベルの高い研究室は、多くのポスドク希望者が殺到し、相当な難関になる。有名ラボの教授は、毎月、数百の応募のe-mailを受信するそうだ。

例えば、ハーバードやMITのネイチャーを連発するようなラボには、普通、なかなか入れてもらえない。そういったラボにポスドクとして入れてもらうには、以下のいずれかのパターンが多い。

1)日本での指導教官が留学先の教授と知り合いで、強力に推薦してくれる場合。(コネ)

2)日本での研究が、ネイチャークラスの高インパクトファクターの雑誌に掲載されるなど、大きな業績がある場合。(実力)

3)日本から奨学金を持ってきたり、企業からの派遣で、人件費を留学先が負担しなくて良い場合。(カネ)

4)たまたま、ラボのメンバーが辞めて、ラボに空きができたところへ、急遽人材が必要なとき、そこそこ実力のある候補者が応募してきた場合(運)。

実力勝負といわれる科学研究者といえども、全く、実力だけで採否が決まる世界でもないところも、他の業界と同じなのかもしれない。

« アメリカでは、研究は女性の仕事? | トップページ | 英語の上達(研究編) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 研究者として留学するには:

» 優秀な研究者をいかにして見つけ出すか [ハーバード大学医学部留学・独立日記]
「めざせネイチャー、ハーバード大学、研究留学」より (米国でのCompetitiveな研究室に研究員/ポスドクとして採用されるためには) 日本で行った研究が、一流の雑誌、すなわち、インパクトファクターの高い雑誌に論文とし... [続きを読む]

« アメリカでは、研究は女性の仕事? | トップページ | 英語の上達(研究編) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オンライン状態

無料ブログはココログ