« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月 9日 (月)

英語の上達(研究編)

留学後、どのくらいの期間で英語が上達するのか?

渡米したばかりの人たちによく聞かれる質問であるが、私の体験をもとに、留学後の上達の過程と、上達の仕組み、日本にいる時にどういった勉強をすべきだったかを考えてみたい。

留学する前は、「アメリカに住んでいれば、自然に英語も上達するだろう」ぐらいに軽く考えていた。日本では、英会話のNova3ヶ月ほど通ったが、あまり上達した感触はなかった。個人的に思うのは、英会話学校に数ヶ月行くぐらいの練習量などは、留学してしまえば、数週間のうちに経験してしまうということだ。

Novaでの経験は、英語の勉強よりは、そこで出会った人たちとのコミニュケーション、異業種交流という意味では、非常に有意義だった。)

留学前に日本で英語を勉強するなら、会話(聞く話す)でなく、読み書きや、発表の技術などに時間を費やすべきだったと感じている。読み書きや、発表に関しては、日本で勉強しようと、留学先で勉強しようと、似たようなレベルのエネルギーが必要だが、聞くことと話すことに関しては、留学先では、はるかに少ない労力、費用で上達する。

初めの2週間は、驚くほど英語が通じなかった。留学前の私の英語経験は、1度海外の学会に参加したことがある程度。英語での発表は、なんとかできるが、会話は初歩的なことだけというレベルだった。初めの2週間は、研究テーマに関しての議論や、実験の手法やラボの仕組みを教えてもらうのに、お互いの意思が通じなくて相当なストレスを感じた。その理由を今、思い返してみると以下のようなる。

1)自分の発音が悪いので通じない。例えば、試験管を3つ欲しい(three tubes)と言ってもThの発音ができていないので、カタカナで「スリー」と言ってしまい、これが全く通じない。この場合、指を3本立てるなど、ゼスチャーを駆使したり、とにかく紙とペンを持って歩き、文章や絵を描きまくることで、なんとか乗り切った。そのうちゆっくりでいいので、Ths、zの違い、gとzの違い、lとrの違い(これは未だに難しいが)を意識して発音するようにすると、結構、通じるようになってきた。

2)相手の発音が聞き取れない。文章を見れば知っているフレーズでも、早く言われたり、正しい発音で言われたりすると、こちらはカタカナで覚えているので認識できない。

3)かなり高頻度で使うフレーズでも日本では習わないので知らない。例えば、「これで終わり!」という意味の「That’s it.」など、日常生活で多用されるにもかかわらず、日本の英語教育ではあまり習わない(または単に自分が知らない)フレーズが結構ある。これらのフレーズを覚えるだけでも、かなりコミュニケーションができるようになってくる。

これらの初歩的なことは、1ヶ月ぐらいもすると、自然に身についてくる。そういう意味では、1ヶ月でも海外留学を経験するとしないとでは、後々、研究者として外国人と共同研究など交流をもつときに大きな違いがでてくると思う。今更ながら、学生など時間のあるときに、夏休みなどを利用して、ただ働きでいいから海外のラボに入れてもらい、英語漬けで生活するという経験をしていれば、この初めの導入もかなりスムーズに行ったと思う。また、そういう経験があれば、ラボ選びの面接を受ける際にも、選択の幅が広がったと感じる。

初めの3ヶ月間は、相当なスピードで英語力が上達した3ヶ月間、毎日、英語ばかりつかっていると、たいていの頻出フレーズ、単語、その発音を耳と口が覚えていく。この間は日々、自分の英語の上達が実感できた。初めの3ヶ月で研究に関する会話、例えば教授との研究に関する議論や、同僚との実験に関する意思伝達に関しては、流暢ではないが、意思疎通に問題はなくなった。

しかし、3ヶ月以降は案外、上達した感覚がない。この後は、急激な進歩は見られず、じわじわとゆっくり上達してくるようだ。1年たった頃でも、過去形や複数形などの文法はあまり気にせずに話していたし、ラボミーティングで白熱した議論になってくると、全く聞き取れていないことも多かった。このまま、もう上達しないのではないかと不安に思ったものだ。次に上達が感じられるのは、2年後ぐらいで、この頃になると、3ヶ月目のように、めちゃくちゃな英語でとにかく意思を通じさせるのでなく、文法的に正しいかとか、より適切な単語はどれかとか選ぶ余裕がでてきた。脳がいきなり英語にさらされて、その記憶が定着していくのに2年ぐらいはかかるのだろう。

長くアメリカで仕事をしている人たちの話を聞くと、渡米後、5年間ぐらいは英語が上達し続けるそうである。しかし、その後は特別な努力をしない限り、マックスに達してしまいなかなか上達しないらしい。私は今年で4年目になるが、未だに日常生活を送っているだけで、少しづつではあるが、上達していることを感じる。

結論を言うと、研究の英会話の上達関して、

1ヶ月もいれば、研究に関して全く意思が通じないというレベルを脱することができる。

3ヶ月もいれば、とにかく意思を伝達させるだけなら問題はなくなる。

2年いれば、ある程度適切な英語で意思疎通ができるようになる。

5年いれば、英語に関するひととおりのことはマックスに達する(予想)。

以上、私の経験であるが、もちろん、個人差は多大である。特に大きな違いがあるのは、

1)留学するときの年齢。もちろん若い方がいい。私は30代前半でポスドク留学しているが、20代後半で博士課程留学しているひとたちなどは、格段に上達が早くかつ、マックスに達するレベルが高いと感じる。さらに20歳前後で学部生で留学している人は、大学院やポスドク留学している人たちとは、全く違う次元のレベルに達しているようで、状況によっては英語のほうが快適だというレベルに達しているようなひともみかける。逆に40歳前後で渡米した人たちは、一般に上達が遅い人が多いように思う。

2)社交的な性格のひとは、別格。社交性によっても、全く上達が違うようだ。特に話す能力は、個人差が大きい。聞く能力は、比較的滞在年数に比例することが多いが、話すほうは、そうでもなく、日本語を話す能力にかなり相関しているように思う。日本語でもおしゃべりな人は、英語でもだまっていられないらしく、はじめから、めちゃくちゃな英語でも喋りまくる。そのうち正しい英語も覚えてくるので結局、速いスピードで上達するようだ。

3)立場の変化。私の場合、3年目に新しいメンバーを指導する立場になった。いやでも、人とかかわっていかなくてはならなくなり、はじめはかなりのストレスだったが、この頃から急激に会話が上達したように思う。職場での指導的なポジションや会の幹事など、ストレスでもなるべく多く引き受けることで、格段に英語力が上達する可能性がある。

2007年4月 1日 (日)

研究者として留学するには

理系研究者でない文系のビジネスマンや、これから理系研究者を志そうとしている学生の方などのために、理系の研究留学について説明したい。

理系研究者として日本人からアメリカに留学するには、2つの身分がある。

1)アメリカの大学の博士課程に入学する

2)アメリカの大学で博士後研究員(ポスドク)として働く

まず、1)は、日本の理系大学の修士や博士課程同様、4年制の大学または、獣医、医学部などの6年制の大学を卒業した後に、試験(専門学力と英語)と面接を受け、入学する。留学期間としては、5,6年といったところである。

収入としては、年200万円ぐらいの奨学金を取る人が多い。奨学金といっても、日本の育英会のように返還義務があるものは少なく、実質上、給料のようなもので返す必要がないものが多い。その点でも、日本の多くの大学よりも待遇がよい。

しかし、有名大学の博士課程は難関で、ハーバードやMIT、カルフォルニア大学などの有名校になると、50倍から100倍と相当な難関である。

話がそれるが、日本の大学では、東大などの有名大学でさえ博士課程の定員が桁違い多く、難しくても数倍程度の倍率でしかないこととは対照的である。一般にアメリカの大学では、少数精鋭で博士を育てることで、博士の質を保っているように思われる。日本では、博士課程を出たはいいが、就職に困ることが多々ある。悪く言えば、学生の方は、「就職がないから博士でも行くか」と安易に進学を決め、教授の方は、博士課程の学生は、「ただ働きする労働力」程度に考えて、指導の余力もないのに多くの博士学生を抱えるという構図である。そういう意味もあるのか、日本の博士課程の枠は、近年、拡大され続けてきた。私は、日本でも、この少数精鋭の博士課程を目指すべきではないかと思う。

このように、アメリカの有名大学の博士課程は英語の堪能なアメリカ人にとっても、それほどの難関であるのに、日本から受験するとなると、更にハードルは高くなる。

実際、こちらで出会った日本人のハーバードやMITの博士課程の学生は、かなりの割合が帰国子女で、少なくとも英語に問題はないような人たちが多いように感じる。

中堅の地方大学になると、そこそこ入りやすいようであるが、研究レベルの高くない大学だと、博士は取ったものの、就職先がないということはよくある話である。

そういう意味でも、1)のコースは、なかなか難関である。

2)のコースは、1)のコースとは対照的に門戸が広い。私もこの身分である。

必須条件としては、日本で博士課程を出るなどして、博士の資格を取っていることだけで、あとは、受け入れ先の教授が、OKと言えば、それだけで留学可能である。学力試験などは、特に必要ない。

留学期間としては、普通2年から5年程度。場合によっては、共同研究で半年だけとか、逆に10年くらい居座るひともいる。

収入は、交渉によるのだが、350万円から500万円ぐらいで、家族がいると贅沢はできないが、独身なら問題ない額である。

日本の博士課程を卒業して就職先としてポスドクを選ぶ人の他、企業からポスドクからアメリカの大学に派遣されるというコースもある。医師や獣医は、博士(PhD)の資格を持っていなくても、博士レベルの学位とみなされ、ポスドクとして勤めることができるので、日本で臨床医をやっていた方が、経験のため、臨床を放れて留学している人も多い。実際、ボストンでは、ハーバード大学、タフツ大学、MIT、ボストン大学など、医学系の有名な大学が多いので、日本ではお医者さんをやっていたというポスドクの方が、かなりの割合を占めている。

どういう人材なら教授のOKが出るかというと、やはり、これまでに書いた論文が評価の大きな割合を占める。

日本で行った研究が、一流の雑誌、すなわち、インパクトファクターの高い雑誌に論文として掲載されていれば、評価が高い。例えば、日本の博士課程で行った研究が、ネイチャーに掲載されていれば、多くのラボで受け入れOKの返事が貰えるだろう。

その理由としては、もちろん、そういった一流の論文を書いた経験がある研究者は、新しいラボでも、一流の研究を達成できる可能性が高いと思われるからである。また、一流の論文を書いた研究者であれば、研究費や奨学金を獲得しやすいので、経済的な面でもラボの戦力となることが期待される。

その他の、判断基準としては、日本の教授からの推薦書と、英語での面接、パワーポイントでの研究の発表である。研究発表では、英語のうまい下手よりも、研究の内容のほうが重要視されることが多いので、過去に、良い研究を行っていれば、自然と良い発表が可能になる。

意外に重要なのは、教授や他のラボのメンバーとの面接で、食事やお茶をしながら、生活について雑談したりするのだが、ここでは人柄が非常に重要なポイントとなる。

高慢な人や、あまりに悲観的な人、自己主張の激しすぎるひとなど、「この人とは、あまり一緒に仕事をしたくないな」と思われると、いくら高い業績をもっていても、ラボの雰囲気を乱すことが予想され、敬遠されることも多い。そういった、ヒューマンインターフェースの重要性は、この業界でも同じである。

研究者として、ネイチャークラスの論文を書くためには、まず、過去にネイチャークラスの論文をたくさん輩出しているラボに入れてもらうのが一番の近道である。そういったラボには、優秀な教授、ハイレベルな同僚、洗練された研究のノウハウ、新しい研究のネタ、そして潤沢な研究費、など、一流の研究に必要なものの多くが揃っている。

それゆえに、レベルの高い研究室は、多くのポスドク希望者が殺到し、相当な難関になる。有名ラボの教授は、毎月、数百の応募のe-mailを受信するそうだ。

例えば、ハーバードやMITのネイチャーを連発するようなラボには、普通、なかなか入れてもらえない。そういったラボにポスドクとして入れてもらうには、以下のいずれかのパターンが多い。

1)日本での指導教官が留学先の教授と知り合いで、強力に推薦してくれる場合。(コネ)

2)日本での研究が、ネイチャークラスの高インパクトファクターの雑誌に掲載されるなど、大きな業績がある場合。(実力)

3)日本から奨学金を持ってきたり、企業からの派遣で、人件費を留学先が負担しなくて良い場合。(カネ)

4)たまたま、ラボのメンバーが辞めて、ラボに空きができたところへ、急遽人材が必要なとき、そこそこ実力のある候補者が応募してきた場合(運)。

実力勝負といわれる科学研究者といえども、全く、実力だけで採否が決まる世界でもないところも、他の業界と同じなのかもしれない。

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オンライン状態

無料ブログはココログ