« アメリカの研究を支えるのは外国人 | トップページ | 研究者として留学するには »

2007年3月11日 (日)

アメリカでは、研究は女性の仕事?

前回、アメリカ人は、理系研究者になりたがらないという話題を書いた。

しかし、アメリカ人の中でも、女性は比較的この職業に寛容で、実際、アメリカ人でポスドクになっている人の多くは女性である。

彼女達に話を聞いてみると、それは、日本で女性が芸術家や音楽家を目指す人が多いことの理由に似ているようだ。日本では、美大や音楽大学では、女子学生の数は男子生徒の数より圧倒的に多い。日本でも、男性が音楽家を目指すとなると、よほどお金持ちか何かでないと、なかなか家族を食わせられるぐらいに成功することは、そう簡単ではないと考えて敬遠するひとが多いのだろう。女性なら、例えば、プロのピアニストになれなかった場合でも、ピアノの先生でやっていけばいいと、音楽大学などに入学して、その道にチャレンジしやすいとことと似たイメージである。

実際、博士課程で出会ったカップルで、男女ともに博士をもっている人は、彼のほうは、博士修得後、製薬会社に就職し、彼女の方はポスドクでアカデミックの道を目指すというパターンをよく耳にする。

アカデミックの研究者では、食っていけるかどうか、リスクが高いので、そんな賭けに出られるのは、女性のほうが多いということなのだろう。

これを反映してか、アメリカでの女性教授の多さに驚かされる。まわりを見ると、3分の1程度は、女性である。

これは、日本では考えられないことである。私の出身の大学の学科では30人程度いる教授陣の中で女性は皆無だった。

アメリカでは教授だけでなく、大学の学部長、学長レベルでも女性が就任していることが珍しくない。先日、ハーバードの学長に女性教授が就任したことは記憶に新しい。

男性のほうが、数学など論理的な思考に強く、女性は情緒的で客観性に欠けるなどという発言をたまに耳にするが、私の経験では、サイエンスの能力において、男女の差はほとんどないと感じる。男女の差などは、あったとしても微々たるもので、それ以前の、個人の能力の差は甚大である。博士をとっても、大学の教官のポジションを得てかつ、研究を続けられるだけのグラントを確保できるのは1割程度でしかないこの業界では、男女の別なく、優秀な研究者として生き残れる人はそう多くはない。

私は、アカデミックの研究者という仕事は女性に向いているのではないかと思う。特に、子供を持つ女性には、融通が利く仕事だと思われる。

客相手の仕事ではないので、勤務時間帯の自由度はかなり高いし、休みも取りやすい。また、教授になれば実験以外のデスクワークが増えるので、自宅で仕事を進められる部分も多くなる。さらに、アプトプットは必ずしも時間に依存しないので、アイデアと技術さえよければ、短期間でよい業績を上げることも十分可能である。

他にも、出産のために一時期仕事を離れても、「博士」や「教授」という肩書きは世界共通の資格のようなものだし、「論文」という他人から評価しやすい業績があるので、次のポジションを得られやすいだろう。

企業の中では、研究という仕事の性質上、誰が貢献したか評価しにくいことが多く、企業秘密でその業績も公開されないので、他社に再就職する際には、自分の業績をアピールすることが難しい。

研究者で大成功しなかった場合、家族をもつ男性であれば、年齢的に40歳過ぎてポスドクというのは、収入的にも厳しく、実際にあまり聞いたことがないが、女性であれば、旦那が他の仕事でしっかり稼いでいれば、ポスドクの給料でも十分だろうし、客員研究員のような身分で、ハードでない勤務時間で子育てをしながら研究を続けているひともよく見かける。

しかし、何が日本での女性研究者の数を減らしているのだろう?

もちろん、ひとつは古い考え方の教授陣が「研究は男の仕事」と考えている部分があるからだろうか。口には出さないが、教授陣に女性が増えると居心地が悪いと感じる大御所の人たちも多いのかもしれない。

2つめに、そもそも、「女性で研究者になりたい」というひとが少ないのではないか。欧米では「キューリー夫人」のように女性の研究者で大成した偉人が古くから存在するが、日本ではあまり聞かない。湯川秀樹や、野口秀雄の世代の科学界の偉人に女性は見当たらない。歴代ノーベル賞を受賞した日本人も全員が男性である。

日本でも、そんな「女性の有名研究者」が出てくれば、研究者を目指す女の子達がふえるのではないだろうか。

私たちの世代で、女性研究者が少し増えたという話を聞いたことがある。それは、女性の理系への興味とともに、アニメなどの影響もあるのではないかと、個人的には思うところである。例えば、マンガ「動物のお医者さん」は、私たちの世代の研究者志望の若者達に絶大な影響を与えていると思う。この漫画には、一般にはあまり知られていないバイオ系研究者の生活が描かれており、女性が活躍する話の内容である。この業界の多くの人が、若い時代に読み、将来の選択肢として研究者を意識したのではないだろうか。

そういえば、アメリカでは「キム、ポシップル」という、女性が主人公のディズニーの理系漫画があり、子供に人気である。アメリカでは、こうやって、次の世代の理系研究者が育っているのかもしれない。

日本でも、女性が活躍する理系漫画が増えれば、研究のフィールドで女性が活躍する機会が増えていくのかもしれない!?

« アメリカの研究を支えるのは外国人 | トップページ | 研究者として留学するには »

コメント

楽しくシリーズ物を読ませていただきました。そして共感しております。私は15年程前に博士号と習得してすぐにNIHに留学しました。当時はネイチャーに論文を出して日本に教授で帰るというのが夢でした。残念ながらその夢は果たせずに今に至っています。NIHを出たあと、今は民間の研究機関で幸い研究費には恵まれ4自分のラボを持って4人の研究者達と仕事しています。でもやはりネイチャー/サイエンスという夢は諦められずにいます。いつかどちらかの雑誌に発表される論文のシニアオーサーになることを夢みて日々仕事しています。今後もこのサイトを楽しく読ませんていただくつもりです。トーマス

女性研究者のサイトからこのブログを見つけました。私もアメリカ留学(NIH)を2年間経験しました。確かにアメリカは女性研究者が多いですし、ほとんどの方が家庭も持っています。近年女性科学者支援の中に結婚出産への配慮が含まれていますが、日本でこれまで女性研究者が少なかったのは、アメリカの社会事情とは全く異なっているからです。博士課程まで進学して学問を続ける女性ということで日本の男性に敬遠されて生涯独身でいる可能性が高かったからだと思います。よって少し前までは女性も riskyだったわけですからそれでも研究を続けられてきた女性研究者は本物だと思います。話はずれますが、ノーベル賞をとった外国の独身女性でなんとか少ない給与で食いつないで研究を続けてきたとかって読んだことあります。科学もいろんな分野があるのだからもっと楽しくやろう、という風潮がみられれば家庭を犠牲(?)にすることなく男女ともにこの世界に入っていけるのかもしれない。(エミリ)

香菜子です。わたしも研究者は女性のほうが向いていると思います。男性で博士号をとってもいつまでもポスドクだと収入が低くて男性としての魅力が上がらないし、実際にはポスドクで低収入に悩んでいる人をたくさん見てきました。一番の問題は、博士号を取った人は誰よりも優秀なのにそれがきちんと評価されないことです。企業も学部卒の人をさいようするんじゃなくて、博士過程まで進んだ人を採用すべきです。香菜子

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカでは、研究は女性の仕事?:

« アメリカの研究を支えるのは外国人 | トップページ | 研究者として留学するには »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オンライン状態

無料ブログはココログ